SSブログ

デカルトの密室 [└ミステリー]

この本、474ページあるんです。
しかも、ハードカバーのごっついやつです。

デ.jpg

「おもしろいぞ」と聞いたので、図書館で予約したのですが、
このボリューム。^^
あっ、きっと読まずに、返しちゃうかなと思ったのですが、、、、、、。

やー、一日半で夢中になって読み切っちゃいました。^^

『密室』とあるので、ミステリーかと思ったんですが、
近未来SFですね(ミステリー的要素は入っていますが)

デカルト哲学の話が出てきます。
→『我思うゆえに我あり』とか、「心身二元論」とか
けっこう、難しい言葉や解釈も出てきますが、
それほど気になりません。

ロボット、ネットなどの近代科学と人間の心との関係を、
縦から横から斜めから書かれています。
読む方によって、かなり解釈が異なる作品ではないでしょうか。

作者の瀬名秀明氏は『パラサイト・イブ』でデビュー、
ベストセラーになったと記憶しています。
ベストセラーは、敬遠派なのですが、機会があれば、読んでみたくなりました。
文章が上手なのでしょうね。内容の難しさを感じさせず読ませてくれる作家です。




デカルトの密室

デカルトの密室

  • 作者: 瀬名 秀明
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2005/08/30
  • メディア: 単行本



タグ: SF ミステリ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

海外ミステリーを読む(その51)|- ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。